ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?

スポンサーリンク
投信の評価

分配金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

投資を検討しているんだけど、ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)というのを見つけました。どんなファンドなんでしょう?

今回は、ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)をよく知りたい方へのアンサー記事になります。

スポンサーリンク

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)~ベイリー・ギフォード社とは?

1908年、同社はスコットランド・エディンバラで創業して以来、100年以上にわたり「長期投資の哲学」に基づき、
グローバル株式投資において運用実績を積み上げるとともに、各国の年金基金などの機関投資家から資産運用を任されてきました。
-「長期の視点で高い成長が期待される銘柄を辛抱強く保有する」-
そのような信念を持ち続けてきた同社の運用戦略を活用する投資信託を皆さまにお届けいたします。

スコットランドで創業した100年以上存続する会社とのことです。

各国の年金運用を委託されている、実績のある会社みたいです。

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?~構成銘柄

銘柄 国・地域 業種 比率
1 AMAZON.COM INC アメリカ 一般消費財・サービス 5.5%
2 MEITUAN-CLASS B 中国 一般消費財・サービス 5.4%
3 ILLUMINA INC アメリカ ヘルスケア 4.7%
4 ALIBABA GROUP HOLDING-SP ADR 中国 一般消費財・サービス 4.5%
5 TENCENT HOLDINGS LTD 中国 コミュニケーション・サービス 4.5%
6 TESLA INC アメリカ 一般消費財・サービス 4.5%
7 KERING フランス 一般消費財・サービス 4.2%
8 NVIDIA CORP アメリカ 情報技術 4.0%
9 PINDUODUO INC-ADR 中国 一般消費財・サービス 3.9%
10 ASML HOLDING NV オランダ 情報技術 3.8%

2021年6月月報より

eコーマースに半導体、自動車にヘススケアと業種に強いこだわりはないようです。

ただ、テンセントなど上位構成銘柄に中国系の企業の比率が高めになっているのが他のアクティブファンドとの違いでしょうか。

組入銘柄は常時変化していくと思いますがカントリーリスクを気にする方は注意が必要かもしれません。

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?パフォーマンス

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?

チャートはキレイな右肩上がりで運用手腕も高いものと思われます。

特にコロナショックの異次元緩和前にも、しっかり伸びているところが注目される点です。

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?

トータルリターンも上半期は凡庸な成績ですが、ここ一ヶ月はアマゾン、イルミナ等が好調だったのもありなかなか好調となっています。

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の評価は?まとめ

日本を含む世界各国の株式等に投資を行います。投資にあたっては、国や地域、業種、時価総額に捉われずに、個別企業に対する独自の調査に基づき、長期の視点で高い成長が期待される企業の株式等に厳選して投資を行います。「ロングターム・グローバル・グロース戦略(LTGG戦略)」を活用し、10年先を見据え、長期の視点で銘柄選定を行います。

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)の詳細でした。

やはりポイントは中国系企業が上位銘柄に多くその点をどう評価するかというところだと思います。

成績自体は好調なので、ポートフォリオにある程度セクターとカントリーに分散を効かせたいという場合は優良な選択肢になりうると言えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました