SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?

投信ETFの評価
この記事は約2分で読めます。
\応援クリックよろしくお願いします!/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
・当サイトには広告が含まれます。
ユージ
ユージ

基本的にインデックス投資がすき。~配当金生活をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

SMTAMインド株式インデックス・オープンについて知りたい方へのアンサー記事になります。

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?~コンセプト

Nifty50指数(配当込み、円換算ベース)連動する投資成果を目指します。

Nifty50指数とは?

  • インド国立証券取引所に上場している浮動株調整後の時価総額、流動性等の基準を用いて選定した様々なセクターの優良企業上位50社の株式で構成
  • 浮動株調整済時価総額加重平均方式です。
  • 採用銘柄の入替えは半年ごとに行われます。

となっています。

交付目論見書より

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?~為替ヘッジ

為替ヘッジなし

保有資産がインド通貨ルピーに対して円高になれば為替差損が、円安になれば為替差益が発生します。

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?~信託報酬

信託報酬 年率0.308%以内

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?~新NISA対応状況

非課税3点セット

つみたて枠

非対応

成長投資枠

対応

イデコ

非対応

新NISA成長投資枠適格となっています。

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?~パフォーマンス

一定期間経過したら追記します。

参考

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?

2014~2023年までの暦年ベースでの年間収益率推移とのことです。

かなり順調に成長していると思われます。

SMTAMインド株式インデックス・オープンの評価は?まとめ

Nifty50指数連動投信はいろいろな会社から新規設定されていますがその中でも信託報酬が最安クラスになります。

この程度までくればコストが~という感じが少なくなります。

インドは西側諸国ともグローバルサウスとも独特の距離感があり巨大な人口を背景に大きく成長することが期待されています。

このあたりに魅力を感じるなら価値のある投信になるかもしれません。

コメント