【2021年5月】アライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型の最新月報まとめ【組入れ】

スポンサーリンク
アライアンスバーンスタイン米国成長株投信 投資

どうも分配金月100万をめざすリーマンです。

今回はアライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型の最新月報を見ていきたいと思います。

予想分配金提示型投資信託のなかでトップクラスの人気を誇り、運用成績も好調です。

スポンサーリンク

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型~組入れ銘柄上位10

銘柄名
1      マイクロソフト                                                7.9%
2      アルファベット                                                7.9%
3      アマゾン・ドット・コム                                    6.0%
4      フェイスブック                                                5.5%
5      ユナイテッドヘルス・グループ                           4.9%
6      VISA                                                             4.9%
7      ゾエティス                                                     3.7%
8      モンスター・ビバレッジ                                   3.0%
9      ホーム・デポ                                                  2.9%
10     アドビ・システムズ                                        2.7%
(組入上位10銘柄計) 49.3%

組入上位銘柄をみるとグローバルAIやグローバル・フィンテックファンドのような派手さはなく堅実といった印象です。

AdobeのCreative Cloudのサブスクリプションの収益は堅調です。

マイクロソフトは時価総額200兆円を突破したニュースがわだいになりましたがさらなる成長を目指してwindows10で終わりという路線を捨ててWindows 11を発表しました。

Microsoft Storeでは売上に占めるMicrosoftの取り分は12~15%で競合に対して低いが成功を収めているとはいいがたく、この方面のテコ入れの意味もあるかもしれません。

ゾエティス

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型

ゾエティスは米国の大手アニマルヘルス関連企業。家畜やペットを中心に動物向けの薬やワクチンの発見、開発、製造、販売に従事。生産拠点や販売網は世界各地に広がる。主要製品は、抗感染症薬、ワクチン、寄生虫用薬剤、薬用飼料添加物、鎮静剤など。また診断、遺伝学、酪農データ管理、コンサルティングなども提供。本社はニュージャージー州。

yahoo!ファイナンスより

上位に入ってきているゾエティスという会社は知らなかったので調べてみましたがペット関連の医療や医薬品開発を手掛けている会社とのことです。

チャートも素晴らしく過去5年間右肩上がりといった状況になってます。

世界的にペット関連の事業が拡大してるみたいですのでこれからも有望な会社かもしれません。

派手さはなくても5年で株価3倍のような個別銘柄をコンスタントに発掘できるかどうか、センスが問われるところなのでしょう。

【2021年5月】アライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型の最新月報【組入れ】まとめ

2021年5月のアライアンスバーンスタイン米国成長株投信毎月予想分配金提示型の最新組入れ銘柄でした。

これらの銘柄なら大きく崩れることは考えにくく、確実に資産を増やしてくれると思います。

長期保有に向いていると感じました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました