アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。 資産運用
この記事は約3分で読めます。
\応援クリックよろしくお願いします!/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
・当サイトには広告が含まれます。
ユージ
ユージ

基本的にインデックス投資がすき。~配当金生活をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

タバコ製品の製造・販売メーカーであり高配当で有名な米国株MOことアルトリアグループから配当金をいただきましたのでご報告です。

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。~最近のチャート

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。

完全に44ドルと48ドルのレンジのような動きになっています。

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。~配当金

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。~最近のチャート

1単位 0.94ドル

保有 79

配当金 53.27ドル(税引き後)

配当は1年前からずっと同じになっています。

配当利回りは8%超と大型の個別銘柄としてはかなり高くなっています。

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。~海外投資家の意見

アルトリアの株主で、めちゃくちゃ高い配当金と素晴らしい財務内容だが、徐々に収益が減少しており、彼らにできることは多くないことは承知している。
アルトリアは大麻とVAPEに参入しようとしたが、私の知る限り、大失敗した。葉巻の吸殻のような会社なのかもしれない(ダジャレ)

アルトリアは確かに高配当と堅実な財務で成功した会社ですが、近年いくつかの課題に直面しているのは事実です。アルトリアは消費者の嗜好の変化に対応し、多様化を図るために大麻やベイプ市場に進出した。しかし、その成果は今のところかなり芳しくない。大麻産業はまだ発展途上で規制上の課題に直面しており、アルトリアのジュールによるVAPEへの投資は重大な精査と法的問題に直面した。その評価額は言うまでもなく、かなり全面的な失敗となった。タバコ会社は、1970年代後半から1980年代前半にかけて、チャーリー・マンガーの言葉を借りれば「脱悪化」した時期があった。そのため、この外部投資の一部は目新しいものではないかもしれないが、成長見込みが乏しいため、今回は状況が異なるかもしれない。

葉巻の吸殻というダジャレについては、巧妙な言葉遊びだ。アルトリアは衰退しつつある会社だと分類したくなるかもしれないが、長い歴史があり、タバコ業界で強い市場シェアを持っていることを忘れてはならない。

アルトリアの状況は複雑であり、ポジティブな面と直面している課題の両方を考慮することが不可欠です。

アルトリアは、少なくとも数年間は私のキープ銘柄です。1株45ドルで買ったが、良くも悪くもほとんど変動しない。私の考えでは、この株は基本的に「債券株」である。

MO、平均コスト43は、私の23銘柄ポートフォリオの8%だ。配当王であり続ける限り、売ることはないだろう。43を下回るようなら、さらに追加するつもりだ。

 

アルトリアグループの将来性は?配当金を頂きました。まとめ

アルトリアの2023年第1四半期決算は微妙といった感じのようです。

売り上げがだめでも利益は上げっている模様で自社株買いも少々といったところでしょうか。

まさに今の株価は適正といった感じです。

VAPE(電子タバコ)等新たな収益源確保に動いているようですが状況は芳しくない模様です。

成長性は乏しいですが財務は健全という解釈が正しいのかもしれません。

海外投資家のこの株は基本的に「債券株」であるといのはなかなか興味深い考え方だと思いました。

コメント