iFreeレバレッジ ATMX+の評価は?

スポンサーリンク
iFreeレバレッジ ATMX+の評価 投信の評価

配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

中国や香港関連の企業に投資したい。なにかいいのがあったら教えてくれ!

iFreeレバレッジ ATMX+ってどんな投資信託?

今回はこのような疑問へのアンサー記事になります。

スポンサーリンク

iFreeレバレッジ ATMX+とは?

iFreeレバレッジ ATMX+はSBI証券で販売されている投資信託です。

SBI証券ではiFreeレバレッジ ATMX+を100円から購入することが可能です。

またSBI証券では毎日100円自動的に購入するように設定することもできます。は

iFreeレバレッジ ATMX+の構成銘柄

ATMX(エー・ティー・エム・エックス)とは、

  • Alibaba(アリババ・阿里巴巴)、
  • Tencent(テンセント・騰訊控股)、
  • Meituan(メイトゥアン・美団)、
  • Xiaomi(シャオミ・小米集団)の、

中国を中心に世界のテクノロジー進化をリードする企業の頭文字をつないだもので中国版のGAFAMのようなものです。

ATMX+ は上記4企業に加え、同様に世界をリードするテクノロジー企業6企業を加えた、計10企業で構成された指数です。

さらに今後の成長が期待される以下の企業群の合計10社でいまのところ構成されています。

JDドットコム 中国最大級のECを運営。中国全土をカバーする自社独自の物流網が強み。この物流網を活かしたサービス『211限時達サービス』を使えば、午前11時までに注文した商品はその日のうちに配達される点が、ユーザーからの熱烈な支持につながっている。
ネットイース 中国を拠点とするインターネット企業。特にゲーム関連事業が堅調に伸びており、コンテンツの自社開発と海外展開を強みにしている。特に『荒野行動』や『第五人格」は日本でも売れ行きが好調である。またオンライン教育サービスや音楽ストリーミングプラットフォームも好調で、幅広い消費者のニーズに答え続けている。
サニー・オプティカル 世界トップクラスの光学機器を手掛けるメーカー。スマートフォンに搭載するカメラレンズ市場では、ファーウェイなどの中国企業だけでなく、アップルやサムスンといった世界各国の企業のサプライヤーとなっている。また車載レンズにおいても世界1位のシェアを誇る。
クアイショウ
ビリビリ
バイドゥ

大和アセットメント公式HPより一部改変

iFreeレバレッジ ATMX+は一定のルールの下で銘柄の入れ替えがあるアクティブファンドに近い側面もあります。

年2回4月と10月に銘柄の組み入れの変更の可能性があり、2021年4月から早速ビリビリ、バイドゥ、クアイショウに変更されました。

iFreeレバレッジ ATMX+~為替ヘッジは?

結論から言いますとiFreeレバレッジ ATMX+は為替ヘッジありです。

iFreeレバレッジ ATMX+のメリット

iFreeレバレッジ ATMX+のメリットは次の5つです。

  1. レバレッジの力でパフォーマンスが2倍
  2. 採用銘柄は中国で将来のGAFA的な企業になることを期待される10社で構成されている。
  3. 円で投資できるのでドルを買う必要がない。

ではそれぞれ見ていきましょう。

1.レバレッジの力でパフォーマンスが2倍

iFreeレバレッジ ATMX+は大和アセットメントが販売する投資信託です。

iFreeレバレッジ ATMX+のすごいところは、レバレッジの力を使うことでパフォーマンスが2倍になるということです。

2.採用銘柄は中国の期待の10社で構成されている。

中国企業の中でも独自のイノベーションを誇る10社投資対象としており、つまるところ将来のGAFAになりうる世界最強企業予備企業に投資することになる。

3.円で投資できるのでドルを買う必要がない。

iFreeレバレッジ ATMX+は円で購入できるので円をドルに換える手間は掛かりません。

iFreeレバレッジ ATMX+のデメリット

iFreeレバレッジ ATMX+のデメリットがあります。

  1. チャイナリスクがあり政情により株価が大きく左右される。
  2. 下がるときは2倍下がる。
  3. 実質コストが1%超と高い

解説していきます。

注意点①:チャイナリスクがあり政情により株価が大きく左右される。

中国ががこれからも当面は成長していく国家であるのは間違いないです。

しかし、昨今のアメリカの制裁や中国政府の思惑により企業活動が大きく左右されるいわゆるチャイナリスクがあり株価が大きく下がることもありえます。

注意点②下がるときは2倍下がる

レバレッジの仕組みは上がるときは2倍ですが下がるときも概ね2倍になります。

注意点③実質コストが1%超と高い

レバレッジの仕組みなどがあるため実質コストが高めとなっています。

iFreeレバレッジ ATMX+の評価は?まとめ

iFreeレバレッジ ATMX+日本人でも投資や企業活動に興味のある人ならきいたことのある企業で構成されています。

ここ数年は圧倒的な成長でリターンも申し分ないので少しでもいいので、特有のリスクが許容範囲内ならポートフォリオの一部に組み込むのもいいかもしれません。

小型株やペニー株を買いたいけど個別株で買うのはちょっと怖いなと思う方も、値動きは個別株よりマイルドです。

iFreeレバレッジ ATMX+構成企業はまさに私たちの生活の風景を変えていく可能性を持った企業ばかりです。

私たちの生活の風景を変えた企業は莫大な利益を上げ株価を上昇させて、そこに投資した私たちの資産を大きく増やしてくれます。

長期投資は誰しもが右肩上がりで将来資産が増えると信じて投資をしているはずです。

だとしたらこれから中国だけでなく世界の風景を変えていく可能性があるiFreeレバレッジ ATMX+に投資するのが最適解になります。

また、香港証券取引所の個別銘柄を気軽に買えるというのも大きなメリットです。

iFreeレバレッジ NASDAQ100の評価は?
配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。 ...
iFreeレバレッジ S&P500の評価は?~最強株価指数のレバ投信
iFreeレバレッジ S&P500ってどんな投資信託なんですか? ...
iFreeレバレッジ FANG+の評価は?~米国株最強銘柄のレバ投信
分配金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでゆっくりお過ごしください。 ...
iFreeレバレッジ NASDAQ次世代50の評価は?~未来のGAFAに集中投資するレバ投信
配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでゆっくりお過ごしください。 ...
NZAM・レバレッジ 日本株式2倍ブルの評価は?
どうもレバレッジ投資信託の魔術師です。 NZAM・レバレッジ 日本株式2倍ブルってどんな投資信託? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました