エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)

資産運用
この記事は約2分で読めます。
ユージ
ユージ

FREEDOM!~配当金生活をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

米国株のエネルギーセクターで高配当で有名なワンオークから配当金をいただきましたのでご報告です。

エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)~最近のチャート

エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)

天然ガスの配送パイプラインなど中間部分を事業の中核とするOKEです。

直接的に天然ガス原油価格の影響を受けるわけではないと思いますが2022年10月頃は世界的な景気後退が強く懸念され大きく下げる局面がありました。

しかし、利上げペースもそろそろ減速という見方が大勢になって株価も持ち直しています。

エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)~配当金

エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)

1単位 0.935ドル

保有 170株

配当金 121.04米国ドル(税引後)

前回と同様で配当金1単位0.935ドルは据え置き。

1ドル=135円として日本円にして約16,335円になります。

エネルギーセクターのOKE(ワンオク)から配当金をいただきました。(2022.11月期)

ワンオークは米国株高配当有名ですが株価の水準としては1単位67ドルというのはコロナショック前の水準を考えても積極的に買うような水準ではないと思います。

性質の悪い株価(需給ではないような)の下落でない限りは10月につけた50ドル台になった時は買いを検討してもいいです。

NISAの非課税無期限化が現実味を帯びているのでいまからこのような高配当株の情報を仕入れて、株価がお宝ゾーンにになったような買い時を逃さないようにしてください。

マネックス証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました