SBI証券でPontaポイントが使えるようになります。

スポンサーリンク
SBI証券でPontaポイントが使えるようになります。 投資

配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

株式会社SBI証券が株式会社ロイヤリティ マーケティングと提携し、2021年11月から共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入するとのお知らがありましたので概略をまとめてみました。

スポンサーリンク

SBI証券では「Tポイント」「Pontaポイント」から選択することが可能

SBI証券のお客さまは、

①取引に応じてPontaポイントをためることができる。

②投資信託の買付代金にPontaポイントがつかえる「Pontaポイント投資」が可能となります。

「Pontaポイント」のサービス概要

①取引実績等に応じたPontaポイント加算(ポイントがたまる)

SBI証券には投信マイレージサービスがあり取引実績等に応じてTポイントが付与されていました。

これからは選択肢が増えて対象となる取引やサービスの利用により、Pontaポイントをためることが可能です。

2021年11月から、Pontaポイントを選択されたお客さまには、以下のとおりPontaポイントを加算します。

国内株式現物取引
(国内株式手数料マイレージ)
スタンダードプラン及び現物PTS取引の月間手数料の1.1%相当のポイント
投資信託取引
(投信マイレージ)
・対象投資信託の月間平均保有額1,000万円未満:年率0.1%相当のポイント
・対象投資信託の月間平均保有額1,000万円以上:年率0.2%相当のポイント
※一部のファンドは0.1%未満の加算率となります。
金・プラチナ取引
(金・プラチナ・銀マイレージ)
スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のポイント
新規口座開設 一律100ポイント
国内株式入庫 1回の移管入庫につき100ポイント

②「Pontaポイント投資」(ポイントがつかえる)

概要 投資信託の買付代金にPontaポイントが利用可能
(買付代金の全額または一部)
対象サービス 金額指定の買付
※ 積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外
ポイント利用単位 1ポイント1円相当
・利用上限:なし
・利用下限:最低1ポイントから利用可能

Pontaポイントを選択すればPontaポイントを投資に使うことが可能になります。

SBI証券でPontaポイントが使えるようになります。まとめ

SBI証券でPontaポイントが使えるようになるとますます利便性が向上します。

ポイ括は人それぞれの戦略があるので選択肢が増えるのはとてもいいことだと思います。

まだわからない点はおそらくすでに保有してるPontaポイントのIDを利用することになると思いますが、そこにたまっているポイントを投資に利用できるかという点です。

Pontaポイントはau PAYが盛んにキャンペーンをしてるのでそれでかなりポイントがたまっています。

それも共通化されてポイント投資が可能であれば利用コード決済も含めて日常の決済方法の選択も変わってくるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました