ETFとは?わかりやすく解説【米国株】

スポンサーリンク
ETFをわかりやすく解説 投資

どうもレバレッジ投資信託の魔術師です。

ETFとはなにかというのをyoutubeで調べてみたら結構わかりやすいのがあったので紹介します。

日本人がETFを解説しているのはいくらでもあるのであえて外国人が解説しているのを選んでみました。

スポンサーリンク

ETFとは?わかりやすく解説【米国株】~導入

ETF投資は、世の中で最も過小評価されている投資戦略の一つかもしれません。投資におけるストレスとリスクを軽減するだけでなく、より高いリターンを得ることができる戦略がここにあります…何が気に入らないのでしょうか?

ETFとは?わかりやすく解説【米国株】~基本

ETFはミューチュアル・ファンドに似ていますが、多くの欠点がありません。Exchange Traded Fundsは、企業が管理する株式、債券、その他の投資のポートフォリオです。株式やその他の投資対象は、経済のセクター、小型株、配当性向などのテーマや指数によって決定されます。そして、ポートフォリオ・マネージャーは、ファンド全体の株式を販売し、その管理のために経費率を請求します。

ETFとは?わかりやすく解説【米国株】~ETFのメリット

たった一度の投資で、幅広い銘柄を手に入れることができるんだ。すべての資金を1つの企業に賭けるわけではないので、投資のリスクを下げることができます。より広範なテーマや銘柄群へのエクスポージャーを得るための簡単な方法であり、その多くは投資費用がほとんどかかりません。

ETFは投資信託よりも低コストで保有でき、株式と同じように取引されるため、価格がすぐに分かります。また、投資信託の場合は売却してもしなくても毎年税金がかかりますが、ETFの場合は売却した後の利益に対してのみ税金がかかります。

ETFとは?わかりやすく解説【米国株】~デメリット

しかし、ETF投資には、分散しすぎて市場のリターンしか得られなくなるというデメリットもあります。そのため、私はコア・サテライト戦略を採用しています。つまり、資金の大半を3~5種類のファンドに投資し、さらにリターンを得られる10~15種類の銘柄を選ぶのです。

ETFに投資する際のもう一つの欠点は、経費率です。ETFの多くは年率0.5%以下で、結局はゼロに近いのですが、3%以上かかるファンドもありますので、ETFを購入する際には注意が必要です。

ETFを分析する際には、複数のファンドの経費率を比較することが大きなポイントになります。ETFの分析は、ファンド群の経費率を比較することが大きな役割です。また、ETFを選ぶ際には、自分のポートフォリオに欠けている部分を補うために、良いと思うテーマを選ぶことも大切です。ETFを分析するには、ファンドが保有している銘柄を1つ1つ見ていくのではなく、経済やトレンドが銘柄群にどのような影響を与えるかを理解する必要があります。

ETFとは?わかりやすく解説【米国株】まとめ

ETFとは株式や債券をパッケージにして上場しているものだと理解していいと思います。

上場しているので場が開いていればいつでも売り買い可能です。

投資信託は上場しているわけではないので常時売り買いすることはできません。

ETFの最大のメリットはリアルタイム性ということになると思います。

かつては経費率の低さがメリットとして挙げられていましたが投資信託にもeMAXSIS slimシリーズやSBI・Vシリーズの登場で限りなく安く買えるようになりました。

SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドの評価は?
配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました