アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の7月期組入銘柄

スポンサーリンク
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の7月期組入銘柄 投資

分配金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

アライアンス・バーンスタインの最新組入銘柄と見通しを教えて下さい!

今回はアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の最新の上位構成銘柄と見通しを知りたい方へのアンサー記事になります。

スポンサーリンク

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の7月期組入銘柄

銘柄名                             セクター              国           比率
1      アルファベット                                 コミュニケーション・サービス      7.9%
2      マイクロソフト                                        情報技術                   7.8%
3      アマゾン・ドット・コム                        一般消費財・サービス             6.3%
4      フェイスブック                                 コミュニケーション・サービス       5.7%
5      VISA                                                    情報技術              5.2%
6      ユナイテッドヘルス・グループ                 ヘルスケア              3.8%
7      ゾエティス                                            ヘルスケア             3.3%
8      ナイキ                                           一般消費財・サービス         3.3%
9      ホーム・デポ                                   一般消費財・サービス           3.1%
10     インテュイティブ・サージカル                  ヘルスケア             2.8%
(組入上位10銘柄計) 49.2%

上位陣にほどんど変化はありません。

先月と比べるとアドビ・システムズ に代わってインテュイティブ・サージカルという会社が上位十傑入りしています。

インテュイティブ・サージカル

インテュイティブ・サージカルは、米国の医療ロボットメーカー。主力製品は低侵襲外科手術用の内視鏡手術支援ロボット「ダ・ビンチ・サージカル・システム」。同システムは、カメラの付いたアームと3つの操作アーム(鉗子)を持つロボット部、外科医が実際の操作を行うコックピット、内視鏡画像を映し出すモニターの3つのパーツで構成。

ホルダーの皆さん、おめでとうございます。
数年後、また分割されること嬉しいです😃
僕はそれまで長期熟成しときます〜

yahoo!ファイナンスより

恥かしながらダ・ビンチ・サージカル・システムという外科手術ロボットがあるのは知っていたのですが製造メーカーがインテュイティブ・サージカルというのは知りませんでした。

インテュイティブ・サージカル

株価チャートです。

ボラリティが大き目な印象ですが、ここ2ヶ月くらいいい感じで株価が上昇しています。

営業CF
1,169,600,000
1,598,200,000
1,484,800,000
    (成長率)
2.24%
36.64%
-7.09%
投資CF
-1,049,600,000
-1,154,400,000
-940,600,000
    (成長率)
-377.15%
-9.98%
18.52%
財務CF
126,300,000
-168,400,000
-85,700,000

一番右が2021/01/21の連結

営業CFがプラスで、投資CFと財務CFがマイナス

ごく単純に形だけ見ると財務的には優良に区分される企業になるのではないでしょうか。

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の7月期組入銘柄まとめ

組入銘柄に大きな変動はありません。GAFMの株価に影響される面が大きいでしょう。

ここのところ世界情勢が若干不安定で円高に振れてますので、為替ヘッジがないDコースは為替リスクと株価下落のダブルパンチに見舞われて厳しい状況になる可能性もあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました