【悲報?】住信SBIネット銀行が為替コストを値上げ

【悲報?】住信SBIネット銀行が為替コストを値上げ 資産運用
この記事は約2分で読めます。

FREEDOM!~スマホと投資とへようこそ。当ブログでごゆっくりお過ごしください。

グループ会社ということでSBI証券と切っても切り離せない住信SBIネット銀行。

円からドル転への為替コストが業界最安レベルでしたが値上げとのことですのでご報告です。

【悲報】住信SBIネット銀行が為替コスト値上げ

【為替コスト改定内容】
外貨普通預金、外貨定期預金
1米ドルあたり4銭⇒6銭
1ユーロあたり13銭⇒14銭
1英ポンドあたり28銭⇒24銭
1豪ドルあたり25銭⇒24銭
1NZドルあたり25銭⇒24銭
1カナダドルあたり25銭⇒24銭
1スイスフランあたり28銭⇒24銭
1南アランドあたり14銭⇒19銭

※円との取引における為替コストです。

【改定予定日時】
2022年7月25日(月)00:00(約定ベース)

ほとんどの方がドル転でお世話になると思います。

手数料がこれまで4銭だったのが6銭になります。

【悲報】住信SBIネット銀行が為替コストを値上げ~他の大手証券会社は?

では他の証券会社どうなのでしょうか

マネックス証券

買付時:0銭
売却時:25銭

SBI証券(住信SBIネット銀行を利用しない場合)

片道:25銭

松井証券

片道:25銭

auカブコム証券

片道:20銭

基本的に片道:25銭となっています。

今年から米国株の取扱いを開始したauカブコム証券が後発の利かauグループの利かわかりませんが他社よりちょっぴり安い手数料設定になっています。

【悲報?】住信SBIネット銀行が為替コストを値上げまとめ

住信SBIネット証券で円をドル転します。

外貨入出金サービスを利用してSBI証券に交換したドルを入金

という流れで一手間掛かりますが為替手数料を4銭に抑えることができました。

これからはそれが6銭になるという話でした。

悲報と言われれば悲報ですがまだまだ他の証券会社に比べれば1/4程度のコストですのでとても優位性は高いと考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました