JEPIの将来性は?~米国の議論

JEPIの将来性は?~米国の議論 資産運用
この記事は約6分で読めます。
\応援クリックよろしくお願いします!/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ユージ
ユージ

基本的にインデックス投資がすき。~配当金生活をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

2022年に米国で大人気ETFとなった高配当ETFであるJEPI。

本国でもJEPIの将来性について様々な議論がなされています。

ぼくがググってみて参考になった部分をご紹介です。

JEPIの将来性は?~米国の議論

SCHD(私の好きなコア ETF の一つ)の気に入らない点は、もしあなたが大きなポジションを持っていて、横ばいあるいは弱気市場でそれに対してカバードコールを売りたい場合、オプションのプレミアムは微妙で、つまり予想外の市場の上昇であなたの基礎資産が呼び出されるリスクがかなり高く、そのリスクを正当化できるほどのプレミアムは集められない、ということです。
JEPIは、コール書き込みを代行してくれるので、SCHDのようなコア・ファンドと組み合わせるには最適な銘柄だと思いますし、回収できるプレミアムもはるかに高く、リスクも最小で、その分得られるものを考えると、経費率も非常に魅力的です。

注:SCHD(シュワブUSディビデンド・エクイティ ETF)とはファンダメンタルズに基づいた比較的高配当かつ成長も見込める銘柄を集めたアクティブなETF。トータルリターンはVOO(SP500)を凌ぐとも言われている。2023年現在日本の証券会社での取り扱いなし。

QYLDの大きな問題は、コールを売ってしまうことで、市場が大きく下落した後、完全に回復することはありません。 JEPIはこの問題がなく、今回の暴落でも基準価額(分配金再投資なし)は上がっている。JEPIの最大の関心事は「配当の伸び」であり、分配金の伸びがインフレ期についていけるかどうかであ
まさに私の考えです。JEPIは保有銘柄の一部しかコールを売らないのに対し、QYLDは100%コールを売り、ATMも売ると思っていたのですが、間違っていましたか?

JEPIはQYLDの100%に対して、保有銘柄の20%までコールを売っている。これらの Global X ファンドは、悪い投資先だと思う。

年率10%の配当が続くのであれば、配当の伸びを疑問視する必要はないのでは?

インフレに対するヘッジとして、配当の一部を継続的に再投資することです。

Jepiが保有する株が上がれば、オプション・プレミアムが増加し、配当金が増加する。株価が下がれば配当は減る。

このような状況では、7-8%を目標にするのが普通であろう。なぜなら、配当の伸びがない場合、仮にインフレ率が年2.5%だとすると、5年目にはインフレ率が配当を上回ってしまい、コスト不足に陥ってしまうからです。

$QYLDは2014年から76%下がっていますが、$QYLDの価格チャートを確認すると、35%しか下がっていません。もし、2014年1月に100万ドルをQYLDに投資していたとすると2014年1月にQYLDに投資していたとすると、$25のレートで少なくとも40kの銘柄を持っているはずなので、毎月12%の利回りを生み出していたことになり、毎月〜10kに相当します。

「長期的には分配金でそのような引き出し率をカバーできない可能性があるので、1年目の分配金をもとに引き出し率を固定してはいけない」というのがより正確なメッセージとなります。実際の収入(ただし分配金以上にはならない)を消費して大丈夫で、残高はETFの価格を基準にすることになります。

JEPIはJEPIXという古い投資信託のETF版で、2018年まで遡ることができますので、より多くのパフォーマンスデータを検討することができます。次に、JEPIがどこでカバードコールを書いているのかが不明なので、QYLDがJEPIと公平に比較できるのかどうかという点です。JEPIがどこでコールを書いているのか確認することで、パフォーマンスの信頼性を高めることができるだろう。私は、配当所得ポートフォリオにJEPIとSCHDを混ぜて持っていますが、市場全体と比較して非常に満足しています。

JEPIに対して否定的な意見も

税引き後リターンのグラフを見れば、すべてがわかるはずです。あなたのリターンは基本的に100%課税対象であり、これは大きな税金の逆風となり、あなたのリターンを大きく減少させています。IRAでは非課税の投資を行い、税引後の口座ではVTIやVIGのような税効率の良い投資を行う方がはるかに良い。

注:IRAとは海外のNISAみたいな非課税制度

ああ、その点は理解できる。ただ、59歳半になるまで配当を利用できないのに、なぜ税金を先払いする口座でそうした団体に投資するのか理解できない。59歳半に近づいてからなら分かるが、若いうちは無理だろう。その辺がよくわからな

正直、このETFはイマイチ理解しにくいです。このELNは、私にとって大きなブラックボックスのように思えます。このように、資産の20%しかカバードコールに関与していないのに、どうやってこのような高い利回りを達成するのでしょうか?また、基準価額の上昇もありながら。この結果はすごいので、ELNが何をやっているにせよ、うまくいっているようですが、なぜこんなにパフォーマンスがいいのか、私には理解できません。QQQやSPYに比べ、銘柄のボラティリティが低いからでしょうかね。

私は2022年2月からJEPIに投資していますが、4.75%ほど値下がりしていますが、実は分配金により今年のトータルリターンはプラスになっています。

先日、父からJEPIについて相談を受けましたが、最初に思ったのは、ご指摘の税金の問題でした。多くの投資家は、業界最大手のETFが(キャピタルゲインを現物で償還することで)税金の分配を回避できることで有名なため、すべてのETFがほとんど、あるいはまったく税金を分配しないと素朴に考えています。カバード・コール、あるいはより広範なデリバティブ・ベースの戦略では、ポートフォリオ・マネジャーがどのようにしてキャピタル・ゲインを現物分配することができるのか、私は常に興味がありますが、必ずしもできていないようです。

また、原資産である株式ポートフォリオは実際に低ボリュームなのでしょうか、それともカバードコール戦略が本質的に低ボリュームであるため、そのように見えるだけなのでしょうか?ファンドのベータは低く見えるかもしれませんが、オプションを追加すると、オプションガンマのためにベータ/エクイティプレミアムが単調でなくなるので、このシナリオでは誤解を招きやすいと思います。

配当成長なんて忘れろ。 ありえない。 インフレを心配するほど、より多く再投資する必要があります。 再投資しない理由は、インフレが絶対に起きないと確信している場合だけです。

私はそうは思いません。そうですね、「配当成長」ではなく、「分配成長」でしょう。ファンドの基準価額が上がれば、ある程度は分配金も上がると思います。

JEPIの将来性は?~米国の議論まとめ

JEPIに関しては米国でも肯定的な意見は多いようです。

一時期このジャンルで日本でも注目を集めたQYLDに関しては高配当は維持していますが株価がなかなか戻らない欠点を持つのでオワコンといった感じです。

JEPI一本という戦略はあまり見ませんね。まだ投資期間が長い方はやはり成長性の高いETFをメインとするべきでしょう。

僕はQQQのレバレッジ投信やSP500をメインの投資先としながら配当金生活イメージ用ないし助走としてJEPIを時々購入しています。

出典:youtubeのコメント欄

コメント