iFreeNEXT インド株またもや新NISA成長投資枠になし

iFreeNEXT インド株またもや新NISA成長投資枠になし 資産運用
この記事は約2分で読めます。
\応援クリックよろしくお願いします!/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
・当サイトには広告が含まれます。
ユージ
ユージ

基本的にインデックス投資がすき。~配当金生活をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

 

追記:2023年12/1付けで新NISA成長投資枠採用決定しました。

新NISA成長投資枠の対象投信、ETFの第二弾発表がありました。

個人的に気になっていたのが iFreeNEXT インド株インデックス。

iFreeNEXT インド株インデックスの評価は?~低コストNifty50インデックス

これまでもインド株投信は存在しましたがアクティブであったり非常に高コストで今時手を出しずらいものばかりでした。

そんな中颯爽と登場したインド株の低コストインデックス投信。

今回もリストにありませんでした。

まあこればっかりは大和アセットマネジメントが申請しない限り採用とはならないからどうしようもありません。

他のインド株投信で新NISA成長投資枠に当確しているものがあるので申請が通らない理由はないと思いますが…

ピクテ-iTrustインド株式

↑こちらが一応新NISA成長投資枠で購入可能でかつコスト低めの投信になります。

この商品SBI証券で現行つみたてNISA買付可能銘柄でもあるみたいです。

つみたてNISAでインド投信があるのは知らなかったのでちょっと驚きでした。

新NISA成長投資枠の対象投信、ETFの第二弾その他のトピック

個人的に気になったのは

トレーサーズ全世界株式

が当確しました。

驚異のコスト0.05%と言われるオルカンになります。

Tracers MSCIオール·カントリー·インデックスの評価は?

SBI証券で確認したところ1ヶ月騰落率並びにトータルリターンでスリムオルカンに勝利しており運用は順調に行ってるみたいです。(2023/7/11現在)

また知名度は低いですが圧倒的なパフォーマンスの僕が最強アクティブ投信だと思ってる米国製造業株式ファンドも新NISA成長投資枠当確です。

iFreeNEXT インド株またもや新NISA成長投資枠なしまとめ

度々ツイートしてますがそろそろ対象米国のETFがどうなるのかなんらかのガイダンスが欲しいところです。

なにせ無数にあるのでほんとに審査とかやってるのかほんとに謎です。

あんまり文句は言いたくないですがハイリスクな個別株はほぼ開放させれているのになぜ投信だけ成長投資枠対象とかあるのかちょっと疑問です。

できるだけ多くのものが対象になれば言うことなしです。

コメント