インデックス投資大敗北。積んで寝てレバ儲かる相場終了…か?

インデックス投資大敗北。積んで寝てレバ儲かる相場終了...か? 資産運用
この記事は約5分で読めます。

FREEDOM!~スマホと投資とへようこそ。当ブログでごゆっくりお過ごしください。

インデックス投資総崩れ。積んで寝てレバ儲かる相場終了…か?という話題についての記事です。

インデックス投資総崩れ。積んで寝てレバ儲かる相場終了…か?

結局右肩上がりの株価指数に投資することで資産は増えていくのです。

ゴミみたいな株価指数に投資してもたいした満足も得られないリターンしか得られません。

インデックス投資総崩れ。積んで寝てレバ儲かる相場終了...か?

こんなのがゴミ株価指数の見本でしょう。

多分コロナショックなかったらずっとヨコヨコだったでしょうw

インデックス投資総崩れ。積んで寝てレバ儲かる相場終了…か?~米国株

SP495というのが話題になったのをご存じだろうか?

要はSP500からGAFAMを抜いたのがSP495。

インデックス投資総崩れ。積んで寝てレバ儲かる相場終了...か?~米国株

僕の予想だと米国株の株価指数もこれから10年はゴミ指数になりそうです。

根拠

  1. 米国の長期金利高止まり
  2. 欧州戦争の長期化

1.結局のところ米国の長期金利はこの20年間下がり続けていました。コロナショックという天変地異があったのでゼロ金利というグロース株にとっての最高の環境でもありました。

それがついに上昇を始めました。

この半年FRBがいろいろやって9月のCPIにまったく努力の甲斐は見られませんでした。

まさにインフレを抑え込むのがいかに困難かということをこうなる前には言われていたのが、実際そうなってみると実感しているのではないでしょうか?

2.ロシアが国民を戦争に動員するのを容易にするようにしたそうです。

もう引くに引けなくなってます。

完全に長期化が想定されますし、これから何が起こるかもまったくわかりません。

インデックス投資大敗北。積んで寝てレバ儲かる相場終了…か?まとめ

僕の投信評価記事にも触れてますがこれまでの10年、2010年代は米国株式にとって最高の10年でした。

なにせリーマンショックの大底からの超低金利。

証券会社は今でもこの最高の10年のバックテストを見せて投資信託を買わせようとしてきます。

そしてそれを根拠に陰でタイアップしているのかどんな時でも買い煽る著名人やユーチューバー。

このように最高の環境でもSP495のようにバラ色のリターンでもなかった説もあるのです。

僕個人的な考えではインデックスの積立はまだしもゴミ指数にレバレッジを掛けるのはおすすめできません。

レバレッジを掛けていいのはキレイな右肩上がりの指数だけです。

インデックス積立といえどこれからはほどほどにしておきましょう。

コメント

  1. あかいろ より:

    インデックス投資とレバレッジ投資をごっちゃにして語ってる時点で
    あなたは今後も投資で儲けることはないんだろうなって思いました
    儲ける=資産家になるという意味ね

  2. のろと より:

    レバナスが流行ったのは、流行らす理由があったという事だろ
    結局のところ
    流行りものに手を出すなということだろ

タイトルとURLをコピーしました