アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?

スポンサーリンク
アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価 投信の評価

どうも分配金100万円をめざすリーマンです。

大人気の投信である、アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の中身を見ておきたいと思います。

スポンサーリンク

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?~投資対象

高い利益成長もしくは持続的な利益成長の可能性が高いと判断される企業を発掘します。

グロースロース特性に基づきスクリーニングされた銘柄(約300銘柄)

アナリストによる綿密なファンダメンタルズ・リサーチを参考に、ABの米国大型成長株運用チームが投資推奨銘柄(約100銘柄)に絞り込み

ファンダメンタルズ・リサーチにおいては、財務分析だけでなく、ESG(環境、社会、ガバナンス)など非財務分析も考慮に入れ、多面的な企業分析により持続的な成長企業を選別。

運用チームは、最終的にファンダメンタルズ分析の確信度やリスク特性などを考慮し、有望と判断される銘柄を選定。

投資ユニバース
約1,000銘柄
魅力的な投資機会
約300銘柄
投資推奨
約100銘柄
ポートフォリオ
( 50- 70銘柄程度)

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型は大型グロース株が投資対象になっています。

小型株やペニー株といったものはそもそも投資対象になっていないようです。

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?~分配方針

各計算期末の前営業日の基準価額 分配金額(1万口当たり、税引前)
11,000円未満 基準価額の水準等を勘案して決定
11,000円以上12,000円未満 200円
12,000円以上13,000円未満 300円
13,000円以上14,000円未満 400円
14,000円以上 500円

他の予想分配金提示型投資信託でよくみられる標準的な分配方針になっています。

毎月21日(休業日の場合は翌営業日)を決算日としています。

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?~パフォーマンス

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信D毎月H無予想分配金提示型の評価

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型のチャートになります。

2018年末の大幅下落と2020年のコロナショック大暴落を経て、非常に順調に基準価格が伸びています。

画像の下にある分配金のところをよく見ると、2018年末の大幅下落と2020年のコロナショック大暴落時には分配金が無配になっています。

特別分配を積極的にやるような粗悪な投資信託ではないことを読み取ることができます。

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価

ここ1年はカテゴリー平均に劣後していますが、まずまずの成績ではないでしょうか。

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?~組入れ銘柄

銘柄名
1 マイクロソフト 7.9%
2 アルファベット 7.9%
3 アマゾン・ドット・コム 6.0%
4 フェイスブック 5.5%
5 ユナイテッドヘルス・グループ 4.9%
6 VISA 4.9%
7 ゾエティス 3.7%
8 モンスター・ビバレッジ 3.0%
9 ホーム・デポ 2.9%
10 アドビ・システムズ 2.7%
(組入上位10銘柄計) 49.3%

GFAMがトップ銘柄になっています。

APPLがないのが意外でしたが、アライアンスバーンスタインは成長性にネガティブという判断を下したのでしょうか。

実際のところここのところ株価に大きな変動はありません。

大型株で上位が占められていて、派手さはありませんが堅実といった組入れ銘柄といった印象です。

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型の評価は?~デメリット

僕自身はトータルリターンさえよければ信託報酬(コスト)は気にしない派ですがアライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型はとても信託報酬(コスト)が高いです。

信託報酬 (税込)/年 1.727%

松井証券の評判は?現金還元

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型のように信託報酬(コスト)が高いファンドに投資するときは松井証券の投信毎月現金還元サービスを上手に活用したいところです。

■公式サイト
松井証券ではじめる投信

松井証券の評判は?投信毎月現金還元がエグい

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型?まとめ

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信予想分配金提示型は非常に人気な投資信託になっており、為替ヘッジなしは1兆円ファンドの仲間入りをしました。

組入れ銘柄は超大型株が中心で、もちろん成長性も重視してはいるのですが、より配当の安定性を求めているのではないかと考えられます。

暴落時には特別分配をやらず運用も堅実で実績も上々とすばらしい投資信託だなあと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました