iFreeレバレッジ S&P500の評価は?~最強株価指数のレバ投信

スポンサーリンク
投信の評価

配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

iFreeレバレッジ S&P500ってどんな投資信託なんですか?

  • メリット・デメリットは?
  • 評判はどうなの?

今回はこんな疑問に対するアンサー記事になります。

スポンサーリンク

iFreeレバレッジ S&P500~S&P500とは?

組入銘柄上位10位(株式・REIT)

順位 銘柄 業種/セクター 組入比率
1位 APPLE INC アメリカ テクノロジ・ハードウェア・機器 6.10%
2位 MICROSOFT CORP アメリカ ソフトウェア・サービス 5.80%
3位 AMAZON.COM INC アメリカ 小売 3.70%
4位 FACEBOOK INC-CLASS A アメリカ メディア・娯楽 2.30%
5位 ALPHABET INC-CL A アメリカ メディア・娯楽 2.20%
6位 ALPHABET INC-CL C アメリカ メディア・娯楽 2.10%
7位 NVIDIA CORP アメリカ 半導体・半導体製造装 1.40%
8位 TESLA INC アメリカ 自動車・自動車部品 1.40%
9位 BERKSHIRE HATHAWAY INC-CL B アメリカ 各種金融 1.40%
10位 JPMORGAN CHASE & CO アメリカ 銀行 1.20%

ブルームバーグよりデータ更新日 2021年08月31日

iFreeレバレッジ S&P500はニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出される平均株価指数であるS&P500をベンチマークとしています。

先日テスラが指数に採用されたようにその時々のよって銘柄の入れ替えが行われます。

そこにレバレッジの仕組みを利用することで増えるときは2倍のパフォーマンスを得ることができます。

iFreeレバレッジ S&P500~為替ヘッジは?

結論から言いますとiFreeレバレッジ S&P500は為替ヘッジされています。

為替ヘッジされていないと

  • 円安(例:1ドルが100円から110円になった時)→円換算でプラス
  • 円安(例:1ドルが110円から100円になった時)→円換算でマイナス

通常このようになります。

iFreeレバレッジ S&P500は為替ヘッジされているので円安になっても大きな為替差益を得ることはできません。

通常の概ね2倍のパフォーマンスを誇るiFreeレバレッジ S&P500ですが、円高プラス米国株安になったときに2倍の下落に為替差損が加わるとさらに損失が膨らんでしまうからです。

最近は急激に円安が進んでますが、世界で最強クラスの円は有事には抜群の信頼から円高にふれることが多いです。

為替ヘッジされていればそんな時でも安心です。

iFreeレバレッジ S&P500~メリット

iFreeレバレッジ S&P500のメリットは次の5つです。

  1. レバレッジの力でパフォーマンスが2倍
  2. 採用銘柄は約40業種で分散されている。
  3. S&P500に採用されている企業の海外売上比率は40%以上
  4. ウォーレン・バフェットが遺言でS&P500の買い付けを推奨
  5. 円で投資できるのでドルを買う必要がない。

ではそれぞれ見ていきましょう。

1.レバレッジの力でパフォーマンスが2倍

iFreeレバレッジ S&P500は大和証券が販売するインデックスファンドシリーズです。

iFreeレバレッジ S&P500のすごいところは、レバレッジの力を使うことでパフォーマンスが2倍になるということです。

2.採用銘柄は約40業種で分散されている

長期投資では投資対象の分散性が重視されます。

なぜなら業種の成績はその時々のトレンドや世界情勢に大きく左右されるからです。

iFreeレバレッジ S&P500はアップル・マイクロソフトなどの情報セクターからジョンソン&ジョンソンのような生活・ヘルスケアセクターまで幅広くカバーしています。

よって業種の好調・不調の大きな影響を受けにくくなっています。

3.S&P500に採用されている企業の海外売上比率は40%以上

株式としては米国株式だけになりますが、S&P500に採用されている企業の海外売上比率は40%以上になっています。

売り上げベースでは世界中から売り上げをあげていることになり、グローバルといえます。

4.ウォーレン・バフェットが遺言でS&P500の買い付けを推奨

投資の世界の大御所であるウォーレン・バフェットは妻へ遺言としてS&P500の買い付けを推奨するようにいいました。

これからもアメリカの企業が世界中から利益を集めてくるという確信をもっていることが伺えます。

5.円で投資できるのでドルを買う必要がない。

実はS&P500に投資するにはVOOというファンドを買う方法もあります。

VOOというのはアメリカの世界最大規模の資産運用会社バンガード社の商品です。

VOOを買うには円をドルに換える手間がかかります。

iFreeレバレッジ S&P500は円で購入できるので円をドルに換える手間は掛かりません。

iFreeレバレッジ S&P500のデメリット

iFreeレバレッジ S&P500のデメリットがあります。

  1. アメリカの行動に株価が大きく左右される。
  2. 下がるときは2倍下がる。
  3. 実質コストが1%と高い

解説していきます。

注意点①:アメリカの行動に株価が大きく左右される。

投資ではリターンがある程度減っても分散性の確保が推奨されます。

なぜかというと投資対象が狭いとなにかあった時に大きく影響を受けるからです。

アメリカがこれからも当面は覇権国家であるのは間違いないですが、戦争を起こすこともあります。

リーマンショックのようななにかしらのアメリカの構造が生み出すショックが発生することもあり得ます。

しかし、近年はアメリカが下げれば他の地域はもっと下がるという見方からアメリカ一本の投資戦略が有効であるという意見が大きくなっています。

注意点②下がるときは2倍下がる

レバレッジの仕組みは上がるときは2倍ですが下がるときも概ね2倍になります。

注意点③実質コストが1%と高い

レバレッジの仕組みや為替ヘッジのための費用などがあるため実質コストが高めとなっています。
僕自身はトータルリターンさえよければ信託報酬(コスト)は気にしない派ですがiFreeレバレッジ S&P500は若干信託報酬(コスト)が高いです。

信託報酬 (税込)/年 0.99%

iFreeレバレッジ S&P500の評価は?~最強株価指数のレバ投信

SBI証券にも同様の投信マイレージサービスがありますが、松井証券の方が現金な上に還元率も若干高めです。できる限りコストを下げたい場合は松井証券の投信毎月現金還元サービスを上手に活用したいところです。

■公式サイト
松井証券ではじめる投信

松井証券の評判は?投信毎月現金還元がエグい

iFreeレバレッジ S&P500まとめ

iFreeレバレッジ S&P500は新規設定された当初は米国の利上げの影響による株価低迷で思ったほどパフォーマンスが出せない期間が続きました。

しかし、コロナショック後はS&P500が順調に伸びたこともあり素晴らしいパフォーマンスになっています。

長期投資は誰しもが右肩上がりで将来資産が増えると信じて投資をしているはずです。

だとしたらセクター分散が効いていて、これまでずっと成長し続けているS&P500に投資するという考えは合理的で一番安全かつ安心といえるかもしれません。

iFreeレバレッジ NASDAQ100の評価は?
配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。 ...
iFreeレバレッジ S&P500の評価は?~最強株価指数のレバ投信
iFreeレバレッジ S&P500ってどんな投資信託なんですか? ...
iFreeレバレッジ FANG+の評価は?~米国株最強銘柄のレバ投信
分配金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでゆっくりお過ごしください。 ...
iFreeレバレッジ NASDAQ次世代50の評価は?~未来のGAFAに集中投資するレバ投信
配当金月100万円を目指すためのブログへようこそ!当ブログでゆっくりお過ごしください。 ...
NZAM・レバレッジ 日本株式2倍ブルの評価は?
どうもレバレッジ投資信託の魔術師です。 NZAM・レバレッジ 日本株式2倍ブルってどんな投資信託? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました