松井証券はSBI証券と比較して劣りますか?

松井証券はSBI証券と比較して劣りますか? 投資日記
\ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします!/
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

FREEDOM!~自由をめざすためのブログへようこそ!当ブログでごゆっくりお過ごしください。

いろんな証券会社の口座を開設することに意味があるの?という疑問は当然あると思います。

証券会社によって販売されている銘柄は違いますしサービスも違います。

自分の投資スタイルに最もフィットした証券会社を使い分けるのがベストです。

松井証券はSBI証券と比較して劣りますか?~当ブログ管理人投資リーマンXの使い分け

SBI証券

メインの証券会社。

メインにしている理由は次の点から

①住信SBIネット銀行との相性が抜群だから

毎月のお給料はまず住信SBI証券に入金します。入金しお金をハイブリッド預金に振り替えれば簡単にSBI証券の買付余力に反映されるます。

また、米国株を購入するときに円をドルに替える必要があるのですが住信SBIネット銀行は手数料が4銭と業界随一の安さになっています。

これまたドルをインターネットから簡単にSBI証券に送ることが可能です。

②取扱商品が豊富

SBI証券は個別株から投資信託、外国株にETFまで取扱商品が圧倒的に多いです。

他の証券会社で取り扱っているけどSBI証券では取り扱っていないというものはほどんど聞いたことがありません。

しかも最近はグループ会社が積極的に魅力的な独占販売の投資信託を設定しています。

SBI・iシェアーズ・米国バランスの評価は?

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドの評価は?

③ポイント還元サービスがTポイント、Vポイント、dポイント、Pontaポイントに対応

僕は特にどのポイント経済圏に属しているわけでもなくマルチにお得に使っています。

松井証券

サブの証券会社として松井証券を使っています。

その理由は次の点です。

①投信毎月ポイント・現金還元サービス

投資信託の中には信託報酬を2%も掛かるものがあります。

安いものは0.1%なんてものも登場している昨今ですが・・・。

こんな時に大活躍するのが松井証券です。

投信毎月ポイント・現金還元サービス

大人気のアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信です。

コチラの投資信託はとても信託報酬が高いというデメリットがあるのですが、松井証券で1000万円分保有した場合年間0.45%現金還元になります。

毎月3,750円はかなり大きいと思いますがどうでしょう?年間でなく毎月です。

現役ならともかく配当金生活に入った場合毎月3,750円も還元されるのは大きいと思います。

ちなみにSBI証券は1000万円以上は0.2%還元が一般的です。(銘柄によって違う)

松井証券も投信毎月現金還元サービスの対象対象外がありますし、還元率はマチマチなので公式サイトでチェックしてみてください。

松井証券はSBI証券と比較して劣りますか?まとめ

結論からいうと証券会社に優劣はありません。

ご自身の投資スタイルと生活スタイルにもっともフィットした証券会社を選べばいいでしょう。

先ほども触れましたが普段利用しているポイントサービスもあるでしょうから。

投資信託の分配金生活は松井証券で。口座開設はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました